検索
  • kantamasan

かおりの初収穫。わーい。


かおりの。

記念すべき10粒。ああ、なんと甘くけだるいかほり・・・

ロケットスタートを切った去年と比べ株の生育が芳しくなかった今年は、葉の展開も遅く少し心配してましたが、そこまで遅れることなく本日味見イチゴの収穫となりました。

そのほとんどを愛すべき昭和顔、タマコが食べてしまったので、味を食べ比べることはできなかったのですが、糖度を測るとこんな感じ。

15度超えはイチゴの先の方を測った値です。イチゴは先が最も甘いので15くらいは平気で出ますが、本来は果実全体を潰してから測るのが正しい測り方です。栽培の上手な農家さんは先なら17とか18とか行くでしょうね。

かんたまさんはまだまだひよっこなので、こんなもんです。

二枚目ですが、全部潰した果汁を測りたかったのですが、勘違いで甘いとこを除いたものを測ってしまいました。よって10度ちょい。

おそらくひとつの実全体の糖度は平均で12度くらいだと思います。最初にしては十分。満足しております。これから葉面積も確保されればさらに美味しくなるでしょう!ひゃほー!

これから毎日少しずつ味見イチゴは増えていき、実家やご近所さんにおすそ分けして、遊びに来たお友達の口に自慢げにねじ込み、それでも溢れるようになれば今年もパック詰め、初出荷となります。

ちなみに昨年は10月31日。今年はそれよりもも少し遅いかな。

それまでに畑に来られたら、味見できますよー

その日の収穫後だったらごめんね(^-^)


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

安心で安全な野菜とは?①

半年にわたるイチゴ栽培も先月末をもって終了し、次作の苗作りが始まっています。イチゴは夏に苗を育て、秋に植え付けし、冬春に収穫をするというサイクルで一年が回っています。言わば一年のスタートです。 収穫期は目の回るような忙しさなので、なかなかお客様とコミュニケーションを取ったり自身の思いを伝えたりすることが難しいです。ブログというのは一方通行ですがとても便利ですね。 かんたまさんがどのような農家なのか

本日、イチゴの販売が終了しました。

本日令和2年5月31日、今シーズンのイチゴ栽培、販売が終了いたしました。 たくさんのお客さまに恵まれ、完売せずにイチゴの行き場がなくなるといったこともほとんどなく、皆さまにたくさんのイチゴを召し上がっていただけたことは何よりも幸せなことです。ありがとうございました。 かんたまさんはこの4月で就農8年目を迎えました。初めは市場への出荷がほぼ100%でしたが、今年は収穫したイチゴのうちおよそ三分の一を