検索
  • kantamasan

さちのか、お店に、初出荷。


大変お待たせいたしました。年末年始のご予約をストップしておりましたが、なんとか納得のいくものが収穫でき始めました。

本日は昨年夏、山口市小郡下郷に移転されましたリブ・ラブ・キッチンさんへ、今シーズン初の出荷に参りました。

2年前、まだ就農一年目のかんたまさんに、オーナーの伊藤さんは一番最初に声をかけてくださいました。とてもありがたいお話だったのですが、まだ自信の無かった私はその期待に応える勇気がなく、お断りをいたしました。

そして昨年。再び声をかけていただき、お付き合いが始まりました。

かんたまさんのイチゴは「その時あるだけ」という、とても生意気でワガママな条件に成り立つ信頼関係の下、スイーツ店様がたと仲良くしていただいておりますが、こちらもまさにその通りで、「5kgください」「すんません、3kgしかないです・・・」という感じでさちのかを使っていただいております。

実際はたくさん採れているのですが、傷の有無やご希望の形、サイズ、熟れ具合等、いろいろあーだこーだやっていると、結局厳選される形になってしまうのです。

これはほかのお客様でも同じで、「あらあら、三年目のペーペー農家が!」という感じなのですが、かんたまさんのお客様、皆優しいです。ありがたやー

かんたまさんは自分たちの好きなようにやってます。

でもそれは決して自分本位な経営という意味ではありません。

経営の基本から外れるようなことをよくやります。

「それって意味あるの?(収支)合わないじゃん?」というようなことは仲間からしょっちゅう言われます。結構コテンパンにされます。そうだよなと思います。ちょっと自己嫌悪に陥ります。

でも、次の日にはやっぱり同じことをやります。

それはたぶん変えられないのだと思います。そういう人間なのだと思います。

伊藤さんに、今日も聞かれました。配達のこと。他のお客さんにもいつも聞かれます。

「他の配達先の便があるときに」とか「少しだけど持って来てもらえるのでしょうか」とか。

もちろん、ひとパックのイチゴを一時間かけて配達するってお話は、正直難しいです。かんたまさんはスタッフ2人ですから。保育園から「イチゴパクタロウが発熱です!」って電話あると途端に奥さま出動です(スタッフ募集してます!誰か~)

でも、かんたまさんのさちのかをぜひ使いたいという声があるなら、何とかして届けたい。そういう気持ちで昨年は頑張りました。ちょっと効率悪くてもワンシーズンやり遂げました。

するとやっぱりとても気持ちが良い。

だから今シーズンもそのあたりは変えません。無理のない範囲で好きにやるつもりです。ほんとにワガママなのです(笑)

個人売り、今週7日(木)より予約受け付けを開始いたします。本日は市場出荷のパック詰めをしている中、むしゃぶりつきたい3Lサイズを試しに3パックほど会員登録されてる方々にメール配信しました。「あ・・・・」と言う間に売れました。感謝。さんたろう大根おまけにあげたり逆にお魚もらったり。

サイズは2LとLサイズが中心ですが、泣きそうなくらい採れてるので、数は問題ないと思います。

大500円、小450円です。詳しくはサイト内の詳細をご覧ください。

三枚目の画像。ヘタがこんなになってるのは美味しい証拠。ソッテルソッテル。

では皆さま、おやすみなさいませ。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

安心で安全な野菜とは?①

半年にわたるイチゴ栽培も先月末をもって終了し、次作の苗作りが始まっています。イチゴは夏に苗を育て、秋に植え付けし、冬春に収穫をするというサイクルで一年が回っています。言わば一年のスタートです。 収穫期は目の回るような忙しさなので、なかなかお客様とコミュニケーションを取ったり自身の思いを伝えたりすることが難しいです。ブログというのは一方通行ですがとても便利ですね。 かんたまさんがどのような農家なのか

本日、イチゴの販売が終了しました。

本日令和2年5月31日、今シーズンのイチゴ栽培、販売が終了いたしました。 たくさんのお客さまに恵まれ、完売せずにイチゴの行き場がなくなるといったこともほとんどなく、皆さまにたくさんのイチゴを召し上がっていただけたことは何よりも幸せなことです。ありがとうございました。 かんたまさんはこの4月で就農8年目を迎えました。初めは市場への出荷がほぼ100%でしたが、今年は収穫したイチゴのうちおよそ三分の一を

© 2023 by Closet Confidential. Proudly created with Wix.com

  • b-facebook
  • Instagram Black Round