検索
  • kantamasan

夏野菜経過報告。幸せな気持ち。


今日は現在の畑の様子をご報告。

①かぼちゃ②スイカ

雌花の下に小さな実が見えてきました。スイカは数が少ないので自宅用ですが、カボチャは少しは販売できるかな。ちなみに写真のカボチャは「ロロン」というラグビーボールみたいな品種で、こんなに小さい時からなんとなくそんな形になってます。

③とうもろこし

昨年は農薬をまかなくても奇跡的に良いものがたくさん採れたので、今年も少し期待してます。

④⑤⑥トマト

上からサンマルツァーノリゼルバ、シシリアンルージュ、ロッソナポリタン。赤くなるまでもうすぐもうすぐ。

⑦ナス

写真は長ナス。今年は少しずつ四品種作ってます。もう少し株が大きくならないかな、と試行錯誤してますが、ぼちぼち採れてるものはとても美味しいです。

⑧枝豆

写真は怪豆黒頭巾。今年は枝豆の生育が昨年ほどよろしくなくて、少し不安。今年は前半黒豆、後半緑豆と二回に分けて販売する予定ですが、何とか美味しいものができれば。

⑨ししとう

まだ量は少ないですが、少しずつ採れ始めました。

最後の二枚は何か分かりますか?

これは先日からアップしてますジャンボニンニクの周りにくっついてるチビニンニクです。調べると「木子(こぎ)」と呼ばれるもので、硬い殻を向くと小指の先くらいのニンニクが現れます。今年は量が量なのでニンニクの醤油漬けにしようかなと。道の駅とかで売られることもなくはないみたいですが、剥くのに手間がかかります。栗の皮むき器で数時間かけて写真くらい。

このたびジャンボニンニクについて調べてて分かったのですが、ジャンボニンニクって実はニンニクではないのですね。正確にはネギなんですって、奥さん。

味も匂いもマイルドで食べやすい。サラダにもできる。悪く言うと普通のニンニクよりも物足りない。ただ、食べてみると結構しっかり味もあるし、ガツンとした刺激もあるし、負けてない気はするのだけど。

お店で使ってもらおうと思ってたけど、「ぺペロンチーノ」みたいな正統なニンニク料理には使いにくいのかなと。「ニンニク」として使って看板に偽り出ちゃったら良くないので、要確認です。迷惑はかけられないですし。

昔居酒屋さんで丸ごとホイル焼きが出た記憶があるけど、ああいう食べ方が向いているのかもです。あとさっぱり味の薬味とか。ご家庭でアバウトに楽しんでいただく感じ。

何かあればまたご報告します。

夏野菜たち、今のところ大きな病気もなくすくすくと成長していますが、中には苦戦しているものもあります。イチゴ農家の夏野菜ですが、愛情もしっかり注いでいますよ。

今回ご紹介したもの以外にも、キュウリ、ツルムラサキ(我が家の夏の大定番)、スティックセニョール、カラーピーマンなど少量ですが多品目を育てています。

今年も今のところ、かんたまさんでは全ての夏野菜に農薬散布を行うことなく育てられています。とは言え本職ではないため、どうしてもというときは最小限のお薬を使わせていただくこともあると思います。そうならないようにしっかりお世話をしなければ。

西はお天気あまり良くないですが、良い週末をー。


19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

安心で安全な野菜とは?①

半年にわたるイチゴ栽培も先月末をもって終了し、次作の苗作りが始まっています。イチゴは夏に苗を育て、秋に植え付けし、冬春に収穫をするというサイクルで一年が回っています。言わば一年のスタートです。 収穫期は目の回るような忙しさなので、なかなかお客様とコミュニケーションを取ったり自身の思いを伝えたりすることが難しいです。ブログというのは一方通行ですがとても便利ですね。 かんたまさんがどのような農家なのか

本日、イチゴの販売が終了しました。

本日令和2年5月31日、今シーズンのイチゴ栽培、販売が終了いたしました。 たくさんのお客さまに恵まれ、完売せずにイチゴの行き場がなくなるといったこともほとんどなく、皆さまにたくさんのイチゴを召し上がっていただけたことは何よりも幸せなことです。ありがとうございました。 かんたまさんはこの4月で就農8年目を迎えました。初めは市場への出荷がほぼ100%でしたが、今年は収穫したイチゴのうちおよそ三分の一を

© 2023 by Closet Confidential. Proudly created with Wix.com

  • b-facebook
  • Instagram Black Round